• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 行政改革・情報公開 > 静岡県の情報公開 > 審議会等の概要や会議録 > 概要調書 -巴川水系流域委員会

ここから本文です。

静岡県の情報公開

審議会等の概要や会議録

審議会等の概要調書

巴川水系流域委員会

■ 設置年月日

平成18年 3月 9日

■ 設置の根拠法令

河川法第16条の2及び巴川水系流域委員会設置規約

■ 所管部署

静岡県 交通基盤部 静岡土木事務所企画検査課 企画検査課 企画係

TEL:

054-286-9321

FAX:

054-286-6090

メール :

shizuoka-kikaku@pref.shizuoka.lg.jp

■ 設置の目的

巴川水系は、静岡市を流れる流域面積が約105km2の支川を含む18河川で、幹川流路延長が約18kmの中規模な二級水系です。巴川下流部の流路勾配は1/750〜1/50,000と極めて緩いことから水はけが悪く、昔から水害に悩まされてきました。近年でも市街化の進展とあいまって、浸水被害が幾度となく発生しています。このため、放水路や遊水地の建設をはじめとする河川改修のハード対策はもとより、雨水貯留や土地利用の規制など流域全体での対策を進める総合治水対策に取り組んでいます。流域に大きな資産を抱える巴川流域では、今なお沿川や支派川で発生している浸水被害への対応や、流域での総合的な治水対策を一層推進するため、住民代表者と学識者等からなる「巴川水系流域委員会」を設立し、幅広いご意見を頂きながら検討を行い、河川整備計画に反映させていくものとします。

■ 委員の職・氏名

巴川総合治水対策促進期成同盟会会長・永田喜美雄

大谷川対策委員会委員長・小林昭一

長尾川流域治水対策協議会会長・柴田幸雄

NPO麻機湿原を保全する会理事・鈴木和喜

NPOしずおか環境教育研究会理事・守屋司子

長尾川を愛する会会長・古林政雄

森と水辺を育てる会代表・大木一範

清水にホタルの里をつくる会発起人・神宮寺聿代

東海大学海洋学部教授・田中博通

静岡県立大学食品栄養科学部准教授・板井隆彦

静岡植物研究会会長・湯浅保雄

日本野鳥の会静岡支部・伴野正志

静岡県立大学環境科学研究所教授・岩堀惠祐

(有)アムズ環境デザイン研究所代表取締役・高木敦子

静岡県中部農林事務所所長・中野篤

静岡市文化財資料館館長・吉岡裕真

静岡市助役・福本俊明

■ 審議会開催状況

常設されているが、審議案件がある場合に限り開催

■ 会議録の扱い

公開

■ 会議資料の扱い

公開


(開催案内 ・ 会議録一覧)

■ 開催案内

次回の開催は未定です。
過去の開催案内はこちらです。

■ 会議録

◇ 令和1年7月30日(火) 開催済

◇ 令和2年1月17日(金) 開催済

お問い合わせ

経営管理部総務局法務文書課

静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3306

ファックス番号:054-221-2099

メール:houmubunsyo@pref.shizuoka.lg.jp