• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 技術管理課 > 新技術・新工法 > 新技術・新工法情報データベース > 土木 - 共通工 - 仮設工  仮設FRP製パイプ(Gパイプ)

ここから本文です。

新技術・新工法情報データベース


登録番号

1547

登録番号(NETIS)
評価結果 レベル2
区分 製品
分野 共通工 /仮設工
新技術名称 仮設FRP製パイプ(Gパイプ)
副題 道路工事用バリケード、安全柵、仮囲い、型枠向けFRP製パイプ
従来技術名称 仮設用鉄製パイプ
問い合わせ先 元日マテール(株)
0548-55-5151
概要 従来の仮設用鉄製パイプをFRP製パイプに置き換えることにより、軽量化・電気絶縁性による作業性・安全性の向上、黄色等に着色することによる視認性の向上(注意の喚起と工事現場のイメージアップ)ができる。
活用に当たっての留意事項 ・足場用パイプとして使用する場合は、強度計算を実施し確認のうえご使用する。・FRP製パイプなので、クランプを強く締め付けすぎた場合破損する恐れがある。・変形や破損がある状態では使用しない、思わぬ事故につながる恐れがあります。・放り投げたり、車で踏みつけたりしない。・釘うち・穴あけはしな。製品の物性が低下します。
適用可能な箇所 道路工事、建設工事・イベント会場の仮設バリケード用・コンクリート型枠用保持のパイプとして使用し、特に海岸付近の工事現場、景観を重視する工事現場、交通量の比較的多い道路工事現場では効果がある。また、電気絶縁性に優れているため鉄道・電力関係の施設で利用すれば感電事故の防止にも役立ちます

[ 全文書:PDF形式ファイル ]

PDF

お問い合わせ

交通基盤部建設支援局技術管理課

静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2148

ファックス番号:054-254-3569

メール:gijyutsukanri@pref.shizuoka.lg.jp