• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 技術管理課 > 新技術・新工法 > 新技術・新工法情報データベース > 土木 - 河川・砂防 - 河川海岸  ハイパーマット平張り型

ここから本文です。

新技術・新工法情報データベース


登録番号

1425

画像

登録番号(NETIS)

CG-110027-VE

評価結果

レベル2

区分

工法

分野

河川・砂防 /河川海岸

新技術名称

ハイパーマット平張り型

副題

省力化かご工

従来技術名称

かごマット工(スロープ式)

問い合わせ先

共和ハーモテック株式会社
03-5904-7007

概要

河川堤防表護岸の鉄線籠型護岸に使用する平張り護岸工用の製品。 従来技術は、底網、仕切り網、側部網、蓋網のすべてがひし形金網で構成され、単体では自立剛性や網の面外剛性が乏しく、組立て据付や詰石作業の際に補強材を設けなければならなかった。新技術は、底網、仕切り網、側部網を亜鉛合金先めっき溶接金網とすることで、組立て据付や詰石作業時に補強材設置を不要とした。

活用に当たっての留意事項

(設計) 法勾配が1:2.0を超え1:1.5となる場合、摩擦力を含めた支持機能の補強を施した構造(折り返し構造、水平の護岸工を施した構造及び突っ込み構造等)を考慮し、滑りに対して十分な安全を確保する。 (施工) ・中詰め材投入の際に材料が飛散しない程度の高さとして1m程度の極力低い位置から落下させる。 ・中詰め材をバックホウでかご内へ投入した後、密実にかご内へ充填させるため、手作業により中詰め材を敷詰める。

適用可能な箇所

適用工種:法覆護岸工、ドレーン工、根固工、法面保護工 河川堤防の表護岸工(法面勾配は1:1.5から緩勾配に適用) 現場条件・・・建設機械としてバックホウを使用するため、作業半径3.0m〜8.0m程度のスペースが必要。


[ 全文書:PDF形式ファイル ]

pdfファイル

お問い合わせ

交通基盤部建設支援局技術管理課

静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2148

ファックス番号:054-254-3569

メール:gijyutsukanri@pref.shizuoka.lg.jp