• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 技術管理課 > 新技術・新工法 > 新技術・新工法情報データベース > 土木 - 共通工 - 法面工  バスク工法

ここから本文です。

新技術・新工法情報データベース


登録番号

1507

画像

登録番号(NETIS)

QS-110009-A

評価結果

レベル3

区分

工法

分野

共通工 /法面工

新技術名称

バスク工法

副題

老朽化した既設モルタル吹付法面を剥ぎ取らずに、老朽化・劣化に対して補修を施し、長期的な延命を図る再生工法

従来技術名称

剥ぎ取り+モルタル吹付による法面の再構築

問い合わせ先

株式会社アースシフト
054-278-8309

概要

 本工法は、既設モルタル吹付面上の劣化(亀裂・剥離等)を補修し、背面に空洞がある場合はセメントミルクで空洞充填を施し地山と一体化させ、さらに既設モルタル吹付面全体にバスクを薄い厚さで被膜することで、既設モルタルに新たな負荷を与えずに亀裂・剥離・剥落等の劣化を防止して、延命を図る再生工法である。

活用に当たっての留意事項

(設計) ・補修対象法面に発生しているひび割れ、剥離、剥落及び背面空洞の有無をあらかじめ調査しておく。 ・対象法面が補修工単独使用が困難な場合は、鉄筋挿入工等の補強工との併用を考慮する。 (施工) ・バスク吹付作業は吹付厚2mmと薄いため、ノズルマンの熟練度に大きく左右されるので、作業 前に試験吹きを行い厚みの確認を行う。                                    ・湧水がある場合は、法面上に湧水が流れないよう前処理を行いバスク吹付作業を行う。      ・バスクの混練は、ダマにならないようにムラなく練り混ぜる。

適用可能な箇所

モルタル吹付法面、石積み、擁壁、砂防堰堤等の風化・剥離・亀裂発生防止


[ 全文書:PDF形式ファイル ]

pdfファイル

お問い合わせ

交通基盤部建設支援局技術管理課

静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2148

ファックス番号:054-254-3569

メール:gijyutsukanri@pref.shizuoka.lg.jp