• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 外国人コミュニティを対象とした防災出前講座を実施します!

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成30年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 資料提供 )

外国人コミュニティを対象とした防災出前講座を実施します!



外国人コミュニティを対象とした防災出前講座を実施します!



 災害対策基本法では、日本語が十分理解できず、また、災害に関する知識や経験が不足し、適切な避難行動ができない外国人を「要配慮者」に位置づけ、支援が必要な対象としています。
 しかし、今後、人口増加が見込まれる若い外国人県民は、災害知識を習得し、日本人被災者と同じ行動を取ることができれば、地域における「支援の担い手」として活躍することが期待できます。
 そこで、県多文化共生課では、外国人県民の自助力、共助力の向上を図るため、県の各地域局と連携し、以下のとおり、東部、中部、西部地域において外国人コミュニティの母語により防災講座を実施します。


1 日時・場所・対象
日時
場所
対象コミュニティ
平成31年2月24日(日)
13:30〜15:30
ふしみやビル 9階 902+903会議室
(静岡市葵区呉服町2-3-1)
インドネシア
平成31年3月8日(金)
10:30〜12:30
菊川市文化会館アエル小ホール
(菊川市本所2488-2)
ブラジル
平成31年3月23日(土)
13:30〜15:30
プラサヴェルデ 4階 407会議室
(沼津市大手町1-1-4)
フィリピン


2 内容 
・地震について
・地震が起きたらどうしたらよいか
・地震が来る前に準備をすること
(講義のほか、グループワークやゲームをしながら、備蓄品や避難方法の確認等を行います。)


3 講師
東部・中部・西部地域局職員
 (日本語での説明の後、各コミュニティの母語で逐次通訳します。)


《参考》
 本年度、県は、災害時多言語支援センターの整備を核とした災害時外国人県民支援体制整備事業に取り組んでいます。本講座は、この取組の一環として実施します。


提供日 2019年2月20日
担 当 知事直轄組織 地域外交局多文化共生課
連絡先 多文化共生班 TEL 054-221-3316

前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ