• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 「健康寿命をのばそう!シンポジウム」の参加者を募集します!

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成30年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 資料提供 )

「健康寿命をのばそう!シンポジウム」の参加者を募集します!



  「健康寿命をのばそう!シンポジウム」
      参加者の募集を開始!

 県民の健康寿命の更なる延伸を図るため、静岡県では、社会健康医学の推進に取り組んでいます。
 この社会健康医学について、県民の皆様の理解を深めるとともに、平成31年3月に策定予定の「社会健康医学大学院大学の設置に係る基本構想」を周知することを目的に、以下のとおりシンポジウムを開催します。

1 日 時 平成31年3月15日(金)13:15〜15:50
2 会 場 ホテルセンチュリー静岡 5階 センチュリールーム
      (静岡市駿河区南町)
3 表 題 健康寿命をのばそう!シンポジウム
      ― 社会健康医学の「知と人材の集積拠点」が輩出する新たな人材 ―
4 プログラム
時間
内 容
講師等
13:15開会、あいさつ
13:20〜
  14:20
<基調講演>
医学と社会をつなぐ知の拠点
「京大SPH」が育てる
プロフェッショナル
※SPH:School of Public Health
中山 健夫 京都大学大学院医学研究科
       副研究科長
       社会健康医学系専攻長
       健康情報学分野教授
14:30〜
  14:50
<県の発表>
社会健康医学大学院大学の
設置に係る基本構想の概要
池田 和久 静岡県健康福祉部長
14:50〜
  15:50
<座談会>
社会健康医学を学んだ「新たな人材」は、県民の健康寿命延伸をどう担うのか
宮地 良樹 静岡県立総合病院参与兼
       リサーチサポートセンター長
      (京都大学名誉教授)
中山 健夫 京都大学大学院医学研究科
       副研究科長
       社会健康医学系専攻長
       健康情報学分野教授
松田 文彦 京都大学大学院医学研究科
       附属ゲノム医学センター
       センター長・教授

5 定 員 200人(先着)
6 参加費 無料
7 申込み方法
  電話(054-221-2404)、FAX(054-221-3264)
 又はメール(kenfuku_kikaku@pref.shizuoka.lg.jp)にて
 氏名、参加人数、電話番号、メールアドレス、勤務先等をお知らせください。


提供日 2019年2月7日
担 当 健康福祉部 管理局政策監
連絡先 企画班 TEL 054-221-2404

前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ