• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 全国初!ケール(生鮮葉物野菜)の機能性表示食品

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成30年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 資料提供 )

全国初!ケール(生鮮葉物野菜)の機能性表示食品



全国初!ケール(生鮮葉物野菜)の
機能性表示食品
(AOIプロジェクト参画事業者)


(要旨)
 AOIプロジェクトに参画している株式会社増田採種場(磐田市・種苗販売業)が生産するケールを葉菜類(生鮮葉物野菜)では全国で初めて機能性表示食品として、消費者庁に受理されました(平成30年12月21日付け)。来年1月後半に販売を開始します。

(概要)
1 機能性表示食品の内容
区分
内容
届出者名
株式会社増田採種場(代表取締役社長 増田寛之)
商品名
ソフトケールGABA(ギャバ)
機能性関与成分名
GABA(γ−アミノ酪酸 含有量12.3mg/100g)
機能性表示
「本品にはGABAが含まれます。GABAには血圧が高めの方の血圧を下げる機能があることが報告されています。」
(一日当たりの摂取目安量 100g)届出番号:D270
【ケール】
・青汁等の飲料用原料として活用されていたが、最近では生食用のケールも登場
・ビタミンCやカルシウムはキャベツの5倍、抗酸化能もトップクラス
・欧米では「スーパーフード」と称され人気が高い作物
【増田採種場】
  ・国内有数のアブラナ科野菜(キャベツ等)種苗メーカー(農林水産大臣賞5回)
  ・ケール品種登録全国初(品種登録数も全国一)  

2 AOIプロジェクトの貢献(平成28年度〜)
葉菜類の機能性表示の課題〇1年を通じて機能性成分を一定以上に安定化
〇機能性成分と食味等とのバランス
          
 AOIプロジェクトの貢献

静岡県農林技術研究所
(一財)アグリオープンイノベーション機構
●機能性成分のほか、生育・収量、品質、食味にも優れた高機能ケール品種の選抜
●機能性成分、生産性及び食味のバランスの取れた周年安定栽培技術の開発
●エビデンス取得のための成分分析、栽培マニュアル化
●共同研究パートナーのマッチング

3 消費者庁への届出支援
 (公財)静岡県産業振興財団フーズ・サイエンスセンター(FSC)が、相談からシステマティック・レビューの実施、消費者庁への届出までの一貫した支援を実施した。

※1月下旬に知事表敬を実施しますので、改めて報道提供します。


提供日 2018年12月28日
担 当 経済産業部 農業局農業戦略課先端農業推進室
連絡先 先端農業推進班 TEL 055-955-9111

前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ