• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 平成30年度循環型社会形成推進功労者等環境大臣表彰で、県内の2名1団体が受賞!

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成30年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 資料提供 )

平成30年度循環型社会形成推進功労者等環境大臣表彰で、県内の2名1団体が受賞!



平成30年度循環型社会形成推進功労者等環境大臣表彰で
県内の2名・1団体が受賞!


    環境省では、3R(発生抑制・再使用・再生利用)の推進に顕著な功績があった者と、多年にわたり生活改善事業に尽力した者に対し、毎年度「循環型社会形成推進功労者等環境大臣表彰」を行っています。
    平成30年度の表彰は、「浄化槽関係事業功労者」と「生活環境改善模範地区」の部門において、本県の2名1団体の受賞が決定しました。

    1 浄化槽関係事業功労者
     (1) 鈴木 (すずき たかし)氏(静岡市)
      (功績概要)
        浄化槽関連事業を通じて、長年にわたり地域住民の衛生意識の向上に努めるとともに、浄化槽の適正な普及促進に貢献。また、(一社)静岡県浄化槽協会の理事として卓越した見識と旺盛な研究心をもって、協会事業を通じて、生活環境の保全及び公衆衛生の向上にも尽力。
     (2) 梅原 清己(うめはら きよみ)氏(伊豆市)
      (功績概要)
        し尿汲み取り業及び浄化槽維持管理業務に長年にわたり従事するとともに、日本環境保全協会静岡県連合会の理事として、地域の生活環境の保全に貢献。また、地域の講習会を通して、浄化槽の適正管理の重要性や法定検査受検の周知や普及啓発にも尽力。

    2 生活環境改善模範地区
     (1) 沼北町松葉会(ぬまきたちょうまつばかい)(沼津市)
      (功績概要)
        地域の道路の街路樹や公会堂周辺の清掃活動や地区安全パトロールによるポイ捨てされた空き缶の回収などを長年にわたり定期的に継続して実施し、地域の環境美化の向上や住みよい環境整備に貢献。
    3 表彰式について 
     ○浄化槽関係事業功労者 表彰式 
     「第32回全国浄化槽大会」
      主催:浄化槽の日実行委員会 
      日時:平成30年10月1日(月) 14:30〜15:30
      場所:ホテルグランドパレス(東京都千代田区飯田橋1-1-1)

     ○生活環境改善模範地区 表彰式 
     「第62回生活と環境全国大会」
      主催:一般社団法人 日本環境衛生センター
      日時:平成30年10月18日(木) 13:30〜14:45
      場所:コラッセふくしま 4階多目的ホール(福島県福島市三河南町1-20)


    <参考>
    ○循環型社会形成推進功労者等環境大臣表彰について
      循環型社会の形成、廃棄物の減量その他その適正な処理の確保、浄化槽によるし尿及び雑排水の適正な処理の推進その他生活環境の保全を目的とし、3R(リデュース:発生抑制、リユース:再使用、リサイクル:再生利用)の推進や廃棄物関係事業、浄化槽関係事業、地域の環境美化活動等の生活改善事業に尽力し、顕著な功績のあった個人、企業、団体又は地区を対象としている。
     
     ※浄化槽関係事業功労者とは
      多年にわたり、浄化槽関係事業に従事し、浄化槽によるし尿及び雑排水の適正処理の推進若しくは浄化槽の普及又は浄化槽の機能向上に顕著な功績のあった者、又は浄化槽関連の公益法人等において当該事業の向上及び発展に顕著な功績のあった者。

     ※生活環境改善模範地区とは
      多年にわたり、他の模範となるような取組を行い、地域の環境美化活動や生活環境の改善を積極的に推進し、顕著な成果を上げている地区。


    提供日 2018年9月28日
    担 当 くらし・環境部 環境局廃棄物リサイクル課
    連絡先 資源循環班 TEL 054-221-2137

前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ