• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 清水港におけるアカカミアリの確認

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成30年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 資料提供 )

清水港におけるアカカミアリの確認



−危機管理情報−


 7月23日に、清水港において外来種の疑いがあるアリが発見され、専門家による確認の結果、7月23日に特定外来生物であるアカカミアリSolenopsis geminata)と確認された。同種の確認は、県内で8例目となる。

1 アカカミアリの概要
 ・体長3〜8mm。裸地や草地などの比較的開けた環境に生息。国内では硫
  黄島ですでに定着。
 ・ヒアリに比べると毒は弱いといわれているが、刺されるとアルカロイド系の毒
  によって非常に激しい傷みを覚え、水泡状に腫れる。

2 主な経緯等
7月23日 ・清水港管理局がヒアリ等の侵入監視のため配置した捕獲トラップ
       から、アカカミアリと疑わしきアリ1個体(死亡個体)を発見。
      ・専門家により、当該アリがアカカミアリ(Solenopsis geminata)である
      ことを確認。

3 本県の対応
・県関係機関を通じ、港湾関係者等にアカカミアリが発見されたことを周知する。
・専門家の指導の下、発見場所周辺において引き続きベイト剤(殺虫餌)及び捕獲トラップを設置し、早期発見、早期駆除、予防に努める。


提供日 2018年7月23日
担 当 くらし・環境部 環境局自然保護課
連絡先 鳥獣捕獲管理班 TEL 054-221-3332

前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ