• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 清水港に新たなRORO船定期航路が開設されます!!

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成30年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 資料提供 )

清水港に新たなRORO船定期航路が開設されます!!



 5月から苫小牧−清水−大阪を結ぶRORO船定期航路が開設いたします!!

1 概要
 栗林商船株式会社が、新たに平成30年5月から苫小牧−清水−大阪を結ぶRORO船定期航路を新設することが決まりました(本日午後、静岡県と船会社で同時リリース)。
 なお、現在、清水港では、清水−大分航路(川崎近海汽船株式会社:週6便)と清水−常陸那珂航路(同社:週1便)の2つのRORO船定期航路が開設されており、これら既存航路との相乗効果も期待されています。

2 航路の状況
(1)航路開設時期
 平成30年5月26日(土)苫小牧出港便から

    ※ 清水港(袖師第一埠頭)への初入港は5月29日(火)朝8時の予定
(2)投入船舶
 神明丸(しんめいまる) 全長160m 総トン数13,091トン
大型トレーラー150台 乗用車260台収容可能
(3)航路表


※清水港には、上り1便、下り1便の週2便の寄港
    3 期待される効果
     既存航路との積み替え需要等も想定され、特に関西、東北方面にも新たに流通網が行き渡ることにより、地域経済の活性化が期待できます。
    【知事コメント】


    清水港と苫小牧、大阪を結ぶRORO船定期航路が新設されることが決定したことは、大変喜ばしいことであります。
    既存RORO航路との連携による相乗効果も期待できるうえ、北海道から東北、関東、清水、関西、九州まで、RORO船による海上ルートが形成されることとなり、その結節点となる清水港の利便性は、更に向上することとなります。
     県としても、引き続き利用促進に努め、「愛され、選ばれる港」となれるように取り組んでまいります。


    提供日 2018年4月13日
    担 当 交通基盤部 港湾局港湾振興課
    連絡先 港湾物流促進班 TEL 054-221-3779

    前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ