• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 本県独自の建設現場へのICT導入ガイドラインの策定

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成29年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 資料提供 )

本県独自の建設現場へのICT導入ガイドラインの策定



本県独自の建設現場へのICT導入ガイドラインの策定
〜ICT建設機械を用いた出来形管理を全国で初めて基準化〜


【概要】
 県では、近い将来予想されている危機的な労働者不足に対応するため、建設現場における担い手の確保や生産性の向上を図るべく、建設現場へのICT(情報通信技術)の導入を積極的に進めています。
 このほど、この一環として、主に中小建設業者向けに建設現場へICTを円滑に導入するためのガイドライン(「静岡県ICT活用工事運用ガイドライン土工編(案)」及び「静岡県施工履歴データによる土工の出来形管理要領(案)」)を策定し公表いたしました。

【ガイドラインの特徴】
 「静岡県ICT活用工事運用ガイドライン土工編(案)」は、ICT活用工事の実施内容と手順について解説するとともに、必要となる資料のひな形と作成例をとりまとめたもので、国土交通省の基準を補足するものです。
 「静岡県施工履歴データによる土工の出来形管理要領(案)」は、ICT建設機械の作業過程が位置情報として記録できることに着目し、これを活用した完成形状の計測方法を規定したもので、モデル工事における検証などを経て、全国の公共土木工事において初めて基準化しました。
 このガイドラインの活用により、従来、人の手により手間をかけて行っていた工事完成時の計測や検査を省力化でき、大幅な現場の生産性の向上が見込めることから、中小建設業者の積極的な活用を促すため、業界への周知を図ってまいります。
 なお、詳細な資料は、技術管理課ウェブサイトにて公開しております。



『静岡県ICT活用工事運用ガイドライン』で検索
http://www.pref.shizuoka.jp/kensetsu/ke-130/kensetsu-ict/icon-standards.html

※ICT建設機械 衛星測位システムと制御システムを搭載し、位置情報と
         設計データを用いて機械操作をセミオート化した建設機械


提供日 2018年3月26日
担 当 交通基盤部 建設支援局技術管理課
連絡先 建設ICT推進班 TEL 054-221-2128

前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ