• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 食中毒発生速報(第7号)

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成29年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 資料提供 )

食中毒発生速報(第7号)



1 発生の概要

3月10日(土)午後6時30分から掛川市内の飲食店で会食した2グループ30人を含む64人中、1グループ21人中14人が、3月11日(日)午後1時頃から下痢、発熱、腹痛等の症状を呈していることが判明しました。
 西部保健所は、患者の共通食が当該施設に限られること、患者の症状が類似していること、患者及び調理従事者の便からカンピロバクター・ジェジュニが検出されたこと、患者を診察した医師から食中毒の届出がなされたことから、当該施設が提供した料理を原因とする食中毒と断定し、当該施設に対し、3月19日(月)から当分の間営業禁止を命じました。
2 発生の探知平成30年3月15日(木) 午前8時30分頃     患者関係者から
3 患者の状況
(1)発生年月日平成30年3月11日(日) 午後1時頃〜
(2)発生場所掛川市、菊川市、島田市
(3)患者数等患者 14 人(受診8人(うち入院0人))   喫食者64人
(患者内訳)男性 14人(22歳〜64歳)、女性 0人
(4)主な症状下痢、発熱、腹痛
なお、患者は全員快方に向かっています。
4 原因食品平成30年3月10日(土)の提供料理
5 摂取食品
 (主なメニュー)
白レバーのオイル漬け、よだれ鶏、野菜サラダ、鶏のから揚げ、鴨鍋(雑炊)、焼き鳥(砂肝、もも、せせり、ささみ、こころ)
6 病因物質カンピロバクター・ジェジュニ
7 原因施設営業施設所在地 掛川市城下6−16
営業施設名称 克ッ 掛川城前店
(かつっ かけがわじょうまえてん)
業     種 飲食店営業(食堂)
営 業 者 氏 名 西東石油株式会社(さいとうせきゆかぶしきがいしゃ)
        代表取締役 西村 康正(にしむら やすまさ)
8 措置内容営業禁止命令  3月19日から当分の間(3月18日から営業を自粛)
9 検査の状況
 (3月19日現在)
患者便
14検体
11検体からカンピロバクー・ジェジュニ検出
従事者便
2検体
1検体からカンピロバクー・ジェジュニ検出
施設拭き取り
10検体
検査中
食品
 1検体
  検査中
10 担当保健所西部保健所(電話番号0538−37−2245)
 この情報は、県政記者クラブ及び西部支援局管内報道機関に情報提供しています。
 (参考)県内の食中毒発生状況(30年次)
        平成30年3月19日現在   7件 160人(本件含む。)
                 前年同期   5件 182人


提供日 2018年3月19日
担 当 健康福祉部 生活衛生局衛生課
連絡先 食品監視班 TEL 054-221-3358

前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ