• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 社会健康医学研究推進基本計画の策定

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成29年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 資料提供 )

社会健康医学研究推進基本計画の策定



「社会健康医学研究推進基本計画」を策定しました。

 県では、県民の健康寿命の更なる延伸に向け、病気を予防する、または病気にならないような地域・環境を研究する「社会健康医学」の推進のため、この度、「社会健康医学研究推進基本計画」を策定しました。
 今後、基本計画に掲げた4つの基本方針を着実に推進してまいります。また、早期に取り組むことができる研究に着手し、その成果を随時、県民の皆様に還元してまいります。
 公表ページ http://www2.pref.shizuoka.jp/all/shingi.nsf/seikei_sosiki/72DBE130DFE7B5E9492581F7002F4238

<計画の概要>

基本方針
戦 略
1 研究の推進健康増進施策に科学的な知見を導入するための研究について、方向性や具体的な研究内容、成果を示します。
<具体的な研究項目>
○医療ビッグデータの活用
○効果的な健康増進施策・疾病予防対策のための疫学研究
○ゲノムコホート研究
2 人材の育成社会健康医学の研究を推進し、成果を県民に還元するための人材育成について、方向性、育成すべき人材、育成手法について示します。
<育成すべき人材>
○地域医療のリーダーとなる「医療専門職」
○各地域の現場で健康増進施策を担う「健康づくり実務者」
○長期かつ継続的に研究を行う「研究者」
3 成果の還元静岡県の健康寿命を更に延伸するための研究成果の県民への還元、情報発信について示します。
○社会健康医学の取組により得られた成果の県民への還元
○取組成果の国内外への発信
4 拠点となる
仕組みの構築
社会健康医学の研究を推進し、成果を県民に還元する人材を育成するため、拠点となる仕組みについて短期的取組と長期的取組を示します。
<短期的取組>
    ○既存の研究施設等を活用し、早期に取り組むことができる研究に着手
<長期的取組>
    ○長期かつ継続的な研究を推進し、人材を育成するため、将来的に「地域の健康寿命の延伸に特化した学問を習得することを目的」とした大学院大学を設置


提供日 2018年3月30日
担 当 健康福祉部 管理局政策監
連絡先 企画班 TEL 054-221-2363

前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ