• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 清水港におけるヒアリ・アカカミアリの確認(第2報)

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成29年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 資料提供 )

清水港におけるヒアリ・アカカミアリの確認(第2報)



−危機管理情報−


静岡県が8月24日(木)及び28日(月)に実施した調査において、清水港新興津コンテナターミナル内で発見されたアリは、種の同定の結果、8月29日(火)に特定外来生物であるヒアリ及びアカカミアリと確認された。(同定については、環境省より同定を委ねられているふじのくに地球環境史ミュージアム 岸本准教授による) 

1 8月28日までの経緯
【8/21】 清水港新興津コンテナターミナル内で環境省及び国交省が実施したヒアリの調査により設置したトラップ及びその周辺のアスファルト上で、ヒアリと疑われるアリを捕獲。
【8/24】 静岡県が、専門家とともに同コンテナターミナル内で調査を実施。上記の環境省が回収したトラップ設置地点の周辺において、ヒアリと疑わしいアリが、舗装の継ぎ目の隙間を出入りするのを確認。30個体を殺虫処分し、採取。
【8/27】 専門家が8/21に捕獲したアリをヒアリと同定。

2 8月28日以降の経緯
【8/28】 静岡県が、専門家とともに、当該アリ発見地点の舗装の継ぎ目において再度駆除を実施。確認された約500個体は全て殺虫処分し、採取。
     ・確認された総数500個体以上
       内訳: 働きアリ 約500個体  
           有翅虫(メス 2個体 オス10個体)
           サナギと幼虫 約50個体  
           タマゴ 少数
【8/29】 8/24に駆除した個体はアカカミアリ5個体、ヒアリ25個体。8/28に駆除した約500個体は全てヒアリと同定。


3 県の対応
・国や静岡市と連携協力し、岸本准教授の指導のもと、ヒアリ及びアカカミアリが確認されたコンテナターミナル内でベイト剤を設置し、監視・パトロールを実施しており、今後も監視を継続する。
・更に確認された場合は速やかに防除を実施するとともに的確な情報共有に努める。
    4 ヒアリの概要
     体長2.5〜6mm。刺されるとアルカロイド系の強い毒による痛みやかゆみ、発熱、じんましん、激しい動悸等の症状が引き起こされる。アレルギー性のショックでこん睡状態に陥ることもある。


    提供日 2017年8月30日
    担 当 危機管理部 危機報道監
    連絡先 くらし・環境部環境局自然保護課 TEL 054-221-3332

    前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ