• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 第2次いのち支える“ふじのくに”自殺総合対策行動計画の策定

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成29年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 資料提供 )

第2次いのち支える“ふじのくに”自殺総合対策行動計画の策定



第2次いのち支える“ふじのくに”自殺総合対策行動計画の策定

(趣旨)
県では、2017年7月に国が策定した新たな「自殺総合対策大綱」等を踏まえ、このたび、「第2次いのち支える“ふじのくに”自殺総合対策行動計画」を策定しました。
新たな計画では、「子ども・若者の自殺対策」や「勤務問題による自殺対策」を更に推進するため、ゲートキーパーによる自殺の早期発見、早期対応の推進など、県、市町、関係機関、民間団体等と連携し、生きるための包括的な支援体制づくりを進め、社会全体での総合的な自殺対策を一層、推進します。

(概要)
1 計画の位置づけ 法定計画(自殺対策基本法)、静岡県総合計画の個別分野計画

2 計画期間 2017年度から2021年度までの5箇年

3 計画の内容
(1)目標 目指すべき姿 「誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現」
          成果指標  2021年までに自殺者数を500人未満まで減少させる
(2)改定のポイント
・目標を総合計画指標に合わせ自殺者数で統一する。
      ・若年層対策(ICTの活用、SOS出し方教育)、勤務問題対策の更なる推進、災害時自殺対策(DPAT))等
(3)重点施策
・地域レベルの実践的な取組への支援を強化する
・県民一人ひとりの気づきと見守りを促す
・自殺対策の推進に資する調査研究等を推進する
・自殺対策に係る人材の確保、養成及び資質の向上を図る
・心の健康を支援する環境の整備と心の健康づくりを推進する
・適切な精神保健医療福祉サービスを受けられるようにする
・社会全体の自殺リスクを低下させる
・自殺未遂者の再度の自殺企図を防ぐ
・遺された人への支援を充実する
・市町・民間団体との連携を強化する
・子ども・若者の自殺対策を更に推進する
・勤務問題による自殺対策を更に推進する

4 策定経緯
時 期
項  目
2017.7.7地域自殺対策トップセミナー(市町長等参加)
2017.11.8第1回自殺対策連絡協議会(素案提示)
2017.12.22〜 2018.1.18パブリック・コメント
2018.2.14 第2回自殺対策連絡協議会(最終案承認)
2018.3.26計画及びパブリック・コメントに係る県の考え方の公表


提供日 2018年3月26日
担 当 健康福祉部 障害者支援局障害福祉課
連絡先 精神保健福祉班 TEL 054-21-2920

前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ