• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > RORO船清水−大分航路が3月からデイリー運航いたします!!

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成29年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 資料提供 )

RORO船清水−大分航路が3月からデイリー運航いたします!!



     RORO船清水−大分航路が3月からデイリー運航いたします!!

1 概要
 県は、平成28年10月、週3便で運航を開始したRORO船清水−大分航路の開設以降、運航会社である川崎近海汽船株式会社などの港湾関係者と、将来的なデイリー運航に向けて、利用岸壁の調整や荷役体制の確保など、受け入れに向けた調整を図ってきました。
 この度、本航路が、平成30年3月からデイリー運航となること、また、週1便で清水−常陸那珂の新規航路を運航することが、運航会社から発表されました。


2 航路の状況



 [凡例] ○北王丸 △勇王丸(他航路からのリプレイス)

3 投入船舶
 北王丸(現行船舶) 12mシャーシ160台 乗用車100台収用可能
 勇王丸(新規投入) 12mシャーシ108台 乗用車36台収納可能

4 実施時期
 2018年3月(詳細未定)

5 期待される効果

    増便による利便性向上
    北海道から九州までRORO船による海上ルートが形成されることによる集荷範囲の拡大
    流通網の充実による地域経済の活性化
    【知事コメント】

清水港と大分港を結ぶRORO船定期航路が、デイリー運航されることが決定したことは、大変喜ばしいことであります。
合わせて、北海道と定期航路を有する常陸那珂港と清水港を結ぶ航路も新たに開設されることで、北は北海道から南は九州までRORO船による海上ルートが形成されることとなり、その結節点となる清水港の利便性は、飛躍的に向上することとなります。
 県としても、引き続き利用促進に努め、「愛され、選ばれる港」となれるように取り組んでまいります。


提供日 2017年9月4日
担 当 交通基盤部 港湾局港湾企画課
連絡先 港湾経営推進室 TEL 054-221-3779

前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ