• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 平成29年4月1日の保育所等利用待機児童数の状況

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成29年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 資料提供 )

平成29年4月1日の保育所等利用待機児童数の状況



平成29年4月1日の保育所等利用待機児童数の状況


1 概要
・ 県全体の待機児童数は、前年度の449人から7人増加し、456人となった。
・ 前年度より、県所管分は59人の増加となったが、静岡市は6人、浜松市は46人の減となった。
・ 平成28年度は、保育所18箇所785人分、認定こども園18箇所1,428人分の整備のほか、既存施設の定員増や小規模保育事業所等の設置により3,353人分の保育サービスの利用枠を拡大した。
・ これにより待機児童数が減少した市町がある一方で、共働き世帯の増加等により保育需要が拡大し、待機児童数が増えた市町があった。
・ 保育所等の利用枠に余裕があっても、保育士が足りず、定員数を受入れることができず待機児童が発生した市町があった。
平成29年度の調査から、待機児童の定義が変更され、これまで保護者が育児休業中の場合には、待機児童数に含めないことができるとされていたものが、利用先が見つからず、やむを得ず育児休業を延長した場合には待機児童数に含めるとされた。
2 待機児童の状況等
(1)申込児童数の状況                                  (単位:人)
区 分
H28.4.1(a)
H29.4.1(b)
増減(b−a)
申込児童数
61,211
   63,300
2,089
  (内訳)県所管分
36,811
37,842
1,031
       静岡市
12,418
12,771
353
       浜松市
11,982
12,687
705
※ 事業所内保育事業所については、従業員枠分を除いた数字

(2)保育所等の待機児童数の状況                            (単位:人)
区 分
H28.4.1(a)
H29.4.1(b)
増減(b−a)
待機児童数
449
456
7
  (内訳)県所管分
189
248
59
       静岡市
46
40
▲6
       浜松市
214
168
▲46

(3)年齢別待機児童数                                 (単位:人)
区 分
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳以上
H29.4.1(a)
40
316
71
23
6
456
H28.4.1(b)
53
251
122
17
6
449
増減(a-b)
▲13
65
▲51
6
0
7


(4)市町別待機児童数一覧                       (単位:人)
市町名
H28.4.1
(a)
H29.4.1
(b)
増減
(b-a)
市町名
H28.4.1
(a)
H29.4.1
(b)
増減
(b-a)
浜松市
214
168
▲46
御殿場市
0
13
13
静岡市
46
40
▲6
 三島市
14
9
▲5
富士市
34
37
3
清水町
0
7
7
沼津市
17
30
13
 菊川市
1
6
5
袋井市
25
27
2
 函南町
0
6
6
焼津市
15
25
10
 藤枝市
5
5
0
 伊東市
33
20
▲13
 湖西市
0
5
5
島田市
24
20
▲4
熱海市
1
4
3
長泉町
   18
15
▲3
森町
2
4
2
小山町
0
15
15
  計
449
456
7
待機児童が生じた市町数
14市町
19市町
5市町


(5)保育所・認定こども園・地域型保育事業を利用できなかった児童        (単位:人)
区 分
H28人数(a)
H29人数(b)
増減(b−a)
申込児童数(A)
61,211
63,300
2,089
利用児童数(B)
58,786
61,080
2,294
利用できなかった児童数(A−B)
2,425
2,220
▲205
他施設を利用(C)
417
418
1
求職活動を休止(D)
323
353
30
特定の保育所等のみ申込(E)
1,148
975
▲173
育児休業延長(F)
88
18
▲70
待機児童数(A-B-C-D-E-F)
449
456
7
※ 申込児童数及び利用児童数は、事業所内保育事業所の従業員枠分を除いた数字

(6)保育所等の施設数等の状況                          (単位:箇所、人)
区 分
H28.4.1(a)
H29.4.1(b)
増減(b−a)
保育所等数
722(592)
799(620)
77(28)
(内訳)県所管分
440(354)
481(369)
41(15)
     静岡市
156(133)
170(139)
14( 6)
     浜松市
126(105)
148(112)
22( 7)
 定員
62,434(60,803)
65,787(63,386)
3,353(2,583)
(内訳)県所管分
36,940(35,993)
38,313(36,966)
1,373( 973)
     静岡市
  13,048(12,650)
  13,646(13,110)
598( 460)
     浜松市
12,446(12,160)
13,828(13,310)
1,382(1,150)
 利用児童数
58,786(57,476)
61,080(59,140)
2,294(1,664)
(内訳)県所管分
35,368(34,622)
36,421(35,309)
1,053( 687)
     静岡市
12,163(11,828)
12,528(12,106)
365( 278)
     浜松市
11,255(11,026)
12,131(11,725)
876( 699)
※( )内は、地域型保育事業を除いた数字
※ 地域型保育事業の数字は、事業所内保育事業所の従業員枠分を除いた数字


3 今後の対策
・ 本年度も、市町と連携して、保育所及び認定こども園を新たに整備するほか、小規模保育事業所の設置等により約4,600人分の利用枠の増加を予定している。
・ 利用申込者の多様な要望にきめ細かに対応し、希望に沿った施設の紹介や継続的な相談に応じる保育コンシェルジュの配置を促進していく。
・ 保育人材の確保に向け、保育士修学資金等の貸付事業を実施するとともに、新たに保育士の処遇改善につながる、キャリアアップ制度の構築と保育所等への制度導入を支援していく。
・ 増加し続ける利用申込(保育ニーズ)に対応するため、今年度の「子ども・子育て支援事業計画」の見直しに合わせ、各市町に対し必要な保育所等の整備数を確実に盛込むよう働きかけていく。
・ 特に東部地域では、待機児童が増加又は新たに待機児童が発生している市町が多いことから、保育料の無償化等の子育て支援策の影響により、増加する保育ニーズを的確に把握した上で、待機児童解消策につなげるよう助言していく。
「待機児童解消推進会議」を開催し、待機児童解消に向けた取組の好事例等の情報を共有するほか、効果的な対応策の検証等を通じて、県と市町が連携して待機児童解消に向けた取組の更なる促進を図る


提供日 2017年5月15日
担 当 健康福祉部 こども未来局こども未来課
連絡先 施設整備班 TEL 054-221-2928

前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ