• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 平成30年度政府予算案等閣議決定についての知事コメント

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成29年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 資料提供 )

平成30年度政府予算案等閣議決定についての知事コメント



平成30年度政府予算案は、「人づくり革命」と「生産性革命」を車の両輪として、少子高齢化という最大の壁に立ち向かい、経済再生と財政健全化の両立を目指し、編成されていると聞いています。
本予算案が、地域経済を活性化し、人口減少を克服する、地方創生の加速化を強く後押しするよう期待します。

地方財政対策については、前年度と同水準の一般財源総額が確保されました。
一般財源総額の中身を見ますと、地方税の増収が見込まれる中、地方交付税が減額されております。また、臨時財政対策債は前年度同額程度とされるなど、その質について十分な改善がされていないと考えております。

 地方創生の実現に向け、「まち・ひと・しごと創生事業費」を引き続き1兆円確保するとともに、「地方創生推進交付金」の対前年度と同額の1,000億円の確保及び「地方大学・地域産業創生交付金」の創設、平成29年度の補正予算案での「生産性革命に資する地方創生拠点整備交付金」の創設など、国と地方がともに、地方創生に取り組むという政府の姿勢が示されたものと考えます。

なお、道路整備に対する補助率等のかさ上げについて、10年間継続されることとなりました。交通ネットワークの充実を目指す本県にとって喜ばしいことであり、関係者の皆様に対し心から感謝申し上げます。

 本県としても、国の予算を十分に活用し、次期総合計画が目指す富国有徳の「美しい“ふじのくに”」の人づくり・富づくりの着実な推進を図ってまいります。


提供日 2017年12月22日
担 当 知事直轄組織 知事戦略局知事戦略課
連絡先 知事戦略班 TEL 054-221-3769

前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ