• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 平成29年度「身体拘束廃止フォーラム」の開催

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成29年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 資料提供 )

平成29年度「身体拘束廃止フォーラム」の開催



1 研修目的
 身体拘束が人に及ぼす数々の弊害や実態等について幅広く意識啓発を図るととも
に、「身体拘束はやむを得ない」といった固定観念や認識を是正していくため、保
健・医療・福祉の分野に関わる実践者はもとより、介護保険施設等の利用者家族を
中心に広く県民が身体拘束廃止の意義を理解し、よりよいケアの実現に向けての取
組みを促進するために実施します。

2 開催日時  平成30年2月26日(月)10:00〜15:40

3 会場    グランシップ 中ホール(静岡市駿河区東静岡2丁目3−1)

4 対象者   特別養護老人ホーム・老人保健施設・介護療養型医療施設などの
介護保険施設に勤務する看護・介護職員及び施設利用者家族、一
般県民・行政関係者等 600名

5 内 容
  10:00〜10:15 開会 主催者あいさつ
10:15〜11:45 講演 「高齢者の権利擁護と身体拘束廃止」  
            高口光子氏(医療法人財団百葉の会 介護老人保健施設
            星のしずく看介護長)   
11:45〜12:00 質疑応答  
13:00〜14:20 実践報告身体拘束廃止に取り組んで』〜成果と今後の課題〜
        座長 飯塚 哲男 (静岡県介護福祉士会連携強化委員)
         平成29年度 身体拘束廃止推進員養成研修受講生による
         実践報告(6名)
No.1「もう転倒はさせられない」 
   老健・さくらの苑 看護師 塚本史子
No.2「重さ〜椅子のおもさと身体拘束のおもさ〜」
   特養・うたしあ ユニットリーダー 尾崎成美
No.3「身体拘束廃止に向けて知識と意識を高めよう」 
老健・あみ 通所リハチーフ 近藤 薫

            No.4「拘束に関する職員の意識を変革し観察と実践により利用者
               に対するケアを見直したい」
               老健ケアセンター瀬名 施設ケアマネ 西野雅之
No.5「施設全体へ身体拘束についての意識づけ」 
  特養・中泉の里 身体拘束廃止委員会委員長 東梅健太
            No.6「言葉や態度の暴力はなぜ起こる?職員のストレスの実態を
               知る。利用者様、職員共に笑顔の職場を目指す!!」
               特養・函南ぶなの森 介護長 今井美保
  14:20〜14:35 休憩
  14:35〜15:35 意見交換会 
『身体拘束廃止に向けて』
 〜よりよいケアの取り組みについて〜
座長 飯塚 哲男   (※敬称略) 
            コメンテーター  
・公益社団法人静岡県看護協会   鈴木千春
・特別養護老人ホーム灯光園    澤島久美子
・特別養護老人ホーム愛華の郷   中邑 愛   
            ・認知症の人と家族の会静岡県支部 藤枝分会 ほっと会
                             西山美紀子     
           実践報告者 6名
― 会場内の皆さまもQ&A形式で参加― 
  15:40     閉 会

6 委託先   一般社団法人静岡県介護福祉士会 事務局 平野
        電話:054-253-0818、FAX:054-253-0829


提供日 2018年2月15日
担 当 健康福祉部 福祉長寿局福祉指導課
連絡先 介護指導第2班 TEL 054-221-2529(事業委託先:一般社団法人静岡県介護福祉士会事務局 054-253-0818

前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ