• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 「第23回水シンポジウム2018inふじのくに・沼津」の開催

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成29年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 知事記者会見 )

「第23回水シンポジウム2018inふじのくに・沼津」の開催



本県の水辺の魅力や水害リスクなどをテーマとしたシンポジウムを、来年8月にプラサヴェルデ(沼津市)で開催します。


1  概要


    ・「水シンポジウム」は、水が自然や人に与えるさまざまな恩恵と諸問題について、市民、学会、行政、民間が一堂に会して議論し、相互理解と情報共有を図る目的で、公益社団法人土木学会、国土交通省、開催自治体(県、市)が毎年、共同で開催されている。

    ・来年のシンポジウムでは、全国から参加者を募り、本県の水の魅力や水害リスクなどの県東部地区の話題を中心に、講演やパネルディスカッションなどを通じて、水とのつき合い方の提案を全国へ発信する予定。



2 「第23回 水シンポジウム2018 in ふじのくに・沼津 」の概要

    (1) 開催日  平成30年8月23日(木)、24日(金)

    (2) 会 場  プラサ ヴェルデ (ふじのくに千本松フォーラム)

              沼津市大手町1−1−14(JR沼津駅北口)

    (3) 主 催  「水シンポジウム2018 in ふじのくに・沼津」実行委員会


       構成団体:公益社団法人 土木学会水工学委員会

                  (委員長:清水康行(北海道大学教授))

                 国土交通省中部地方整備局、静岡県、沼津市


    (4) 内 容  〔第1日目〕 シンポジウム(500人規模) 

                    午前 特別講演、基調講演      

    午後 テーマ別分科会、発表、全体会議  

    〔第2日目〕 現地見学会(昨年の実績 40人程度)


  県東部の防災や自然環境に関する水辺などの視察

    (5) その他

      ・水シンポジウムは、平成8年より毎年、開催地を変えて実施され、中部地区では、愛知県(平成19年)、岐阜県(平成24年)で行われた。本県では初開催となる。

      ・去る10月10日に実行委員会を設立し、本格的な運営準備に着手した。実施内容の詳細は、今後の実行委員会にて決定する。


3 本県の対応

     ・本県が実行委員会事務局の主務を担い、関係機関等と連携して運営する。


    会見日 2017年11月7日
    担 当 交通基盤部 河川砂防局河川企画課
    連絡先 望月 TEL 054-221-3029

前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ