• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 世界パラ陸上競技選手権大会 ロンドン2017における本県「障害者スポーツ応援隊」の活躍及び第23回夏季デフリンピック サムスン2017における本県関係選手の活躍

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成29年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 知事記者会見 )

世界パラ陸上競技選手権大会 ロンドン2017における本県「障害者スポーツ応援隊」の活躍及び第23回夏季デフリンピック サムスン2017における本県関係選手の活躍



 世界パラ陸上競技選手権大会 ロンドン2017

(1)概 要
 現地時間7月14日〜23日に行われた世界パラ陸上競技選手権大会 ロンドン2017において、本県の「障害者スポーツ応援隊」のメンバーである選手が4名出場し、金メダル2、銀メダル1、銅メダル1の計4個のメダルを獲得した。
 なお、この大会で日本は金メダル2、銀メダル5、銅メダル9の計16個のメダルを獲得している。
  
(2)本県関係選手の結果

氏  名
障害
種別
種目
(クラス)
結 果
出身地
備 考
佐藤 友祈
(さとうともき)
身体
(車いす)
男子1500m
(車いすT52)

3分45秒89
(大会新)
藤枝市
※T…トラック
 数字…クラス




T52…車椅子(肩・肘・手関節の筋力は正常)
男子 400m
(車いすT52)

56秒78
(大会新)
山本 篤
(やまもとあつし)
身体
(義肢)
男子走幅跳
(T42)

6m44cm
掛川市
T42…片大腿
  切断
男子100m
(T42)
6位
13秒08
佐藤 圭太
(さとうけいた)
身体
(義肢)
男子4×100mリレー
(T42-47)

44秒20
藤枝市
T44…片下腿
  切断
男子100m
(T44)
予選敗退
山口 光男
(やまぐちみつお)
知的
男子走幅跳
(T20)
8位
6m55cm
富士市
T20…知的障害




(3)応援隊の派遣予定  (H29.7.31現在)
                 


学校名

日 時

時間帯

内容

該当選手


静岡福祉大学

5月28日

オープン
キャンパス

講演

米田 真由美


中央特別支援学校

8月3日

研修会
9:45〜12:00

講演及び
ボッチャ指導

杉村 英孝


富士特別支援学校

8月24日

部活動
9:00〜11:00

陸上
(体力作り)

山口 光男


浜北特別支援学校

9月5日

授業中
13:25〜14:30

講演及び
ボッチャ指導

杉村 英孝


掛川特別支援学校御前崎分校

9月12日

授業中
13:30〜14:20

講演及び
ボッチャ指導

杉村 英孝


藤枝特別支援学校焼津分校

10月18日

授業中
13:25〜15:15

講演

山口 光男


静岡北特別支援学校南の丘分校

12月1日

授業中
9:45〜12:00

講演及び
実技指導

佐藤 圭太


静岡視覚特別支援学校

12月4日

授業中
9:30〜11:30

講演及び
実技指導

米田 真由美


御殿場特別支援学校

12月18日

授業中
13:20〜14:10

立幅跳及び
走幅跳指導

山本 篤

※佐藤友祈選手については、派遣希望があり日程調整中


2 第23回夏季デフリンピック サムスン2017

 (1)概 要
  また、現地時間7月18日から7月30日までの13日間、トルコ・サムスンにおい
 て、第23回夏季デフリンピック競技大会が開催され、静岡県からは、3競技に3名
 の選手が出場し、津田悠太選手が、3種目でメダルを獲得した。

 (2)本県関係選手の結果

 ア 津田 悠太 選手(水泳) 16歳 御殿場市
結果
日付
備考
7位
7月20日
男子200mバタフライ
7月21日
男子4×200m自由形リレーリレーメンバーとして出場
予選敗退
7月22日
男子50mバタフライ
7月24日
男子4×100mメドレーリレーリレーメンバーとして出場
7位
7月25日
男子1500m自由形
7月26日
男子4×100m自由形リレーリレーメンバーとして出場

 イ 高橋 渚 選手(陸上) 28歳 沼津市
結果
日付
種目
備考
6位
7月27日
女子やり投げ
 ウ 千原 浩平 選手(バレーボール) 15歳 静岡市葵区
結果
日付
種目
備考
7位
7月19〜27日
男子バレーボールチームの一員として出場

 (3)日本選手団の結果(11競技に108名の選手が参加)
  陸上、バドミントン、マウンテンバイク、卓球、バレーボール、自転車(ロー
 ド)、水泳の各種目で、過去最多の27個(金・6、銀・9、銅・12)のメダルを、
 31名の選手が獲得した。

    【参考】デフリンピックとは
        世界のろうスポーツ(聴覚障害者スポーツ)の普及・発展を目的として、4年に1度開催される国際大会。第1回大会は、大正13年(1924年)に夏季大会がフランス・パリで開催された。日本選手団は、昭和40年(1965年)の第10回夏季大会より、毎回、派遣されている。


      会見日 2017年8月2日
      担 当 健康福祉部 障害者支援局障害者政策課、障害福祉課
      連絡先 障害者政策課障害者政策班 上原     障害福祉課身体障害福祉班 岡田      TEL 054-221-3599(障害者政策課) 054-221-3319(障害福祉課)

    前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ