• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 世界農業遺産「静岡水わさびの伝統栽培」認定申請に係るFAOによる現地調査

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成29年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 知事記者会見 )

世界農業遺産「静岡水わさびの伝統栽培」認定申請に係るFAOによる現地調査



「世界農業遺産」認定に係る現地調査が実施されます!


1 要旨
 静岡わさび農業遺産推進協議会(会長:川勝知事)が申請した「静岡水わさびの伝統栽培」が昨年3月、農林水産省から日本農業遺産に認定されるとともに、国連食糧農業機関(FAO:Food and Agriculture Organization of the United Nations)に世界農業遺産認定を申請する地域として承認され、同協議会は同年10月、農林水産省を通じてFAOへ申請書を提出しました。
 この度、当申請地域において、FAOによる現地調査が実施されることになりましたので、お知らせします。 

2 現地調査(予定)
(1)実施日
  平成30年1月29日(月)及び30日(火)

(2)現地調査員
  世界農業遺産科学助言グループ(SAG:Scientific Advisory Group
  アフリカ地域代表 ヘリダ・オイエケ(Helida Oyieke)委員

                            (女性/ケニア国立博物館)

(3)行程
1月28日(日) (ケニア−成田−東京)
1月29日(月) (東京−静岡)
○申請内容に関するヒアリング(県庁)
○現地調査(静岡市有東木ほか)
1月30日(火)○知事表敬訪問(県庁知事室)
○現地調査(伊豆市筏場、湯ヶ島)
 (三島−東京−成田−ケニア)


3 今後の予定
 今回の現地調査の結果を踏まえて、FAOのSAGにおいて認定の可否が審査されますが、具体的な日程等は未定です。

【追記】
現地調査の具体的行程については現在、最終調整中であり、詳細については、現地調査の1週間前を目途に記者提供を予定しています。
・なお、本件については本日、農林水産省においても記者提供されていることを申し添えます。


会見日 2018年1月11日
担 当 経済産業部 農業局農芸振興課
連絡先 みかん特産班 TEL 054-221-3299

前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ