• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 建設現場への『快適トイレ』の試行導入

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成28年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 資料提供 )

建設現場への『快適トイレ』の試行導入



建設現場への『快適トイレ』の試行導入



 交通基盤部では洋式便座、水洗機能、鏡付き洗面台などを常備した「快適トイレ(※1)」の現場への導入を試行します。

○ これは、建設現場において男女ともに働きやすい環境を整備することで、女性・若手技術者の担い手を確保する取組の一環として実施するもので、現場条件が許せば、県民の皆様にも開放することとしております。

○ 対象となる工事は、平成29年4月以降、交通基盤部が発注公告する設計金額3千万円以上の工事(一部除く※2)で、受注者が「快適トイレ」の設置を希望した場合に、月額4万5千円を上限として、男女別に設置した場合には2基まで費用負担します。

《快適トイレ例(外観・内観)》〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      

※1 快適トイレとは
 快適トイレの標準仕様は、下記の(1)及び(2)を全て満たすものとし、(3)については装備していればより快適になるものとして定めます。
(1)トイレに求める機能
    (ア)洋式便座
    (イ)水洗機能(簡易水洗、し尿処理装置を含む)
    (ウ)臭い逆流防止機能(フラッパー機能)(必要に応じて消臭剤等活用し臭い対策を取ること)
    (エ)容易に開かない施錠機能(二重ロック等)(容易に開かないことを製造者が説明できるもの)
    (オ)照明設備(電源がなくても良いもの)
    (カ)衣類掛け等のフック付、又は、荷物置場設備機能(耐荷重5kg以上)
(2)付属品として備えるもの
    (キ)現場に男女がいる場合に男女別の明確な表示
    (ク)入口の目隠しの設置(男女別トイレ間も含め入口が直接見えないような配置等)
    (ケ)サニタリーボックス(女性専用トイレに限る)
    (コ)鏡付きの洗面台
(3)推奨する仕様、付属品
    (サ)室内寸法900×900mm以上(半畳程度以上)
    (シ)擬音装置
    (ス)フィッティングボード
    (セ)フラッパー機能の多重化
    (ソ)窓など室内温度の調節が可能な設備
    (タ)小物置き場等(トイレットペーパー予備置き場)
※2 対象となる工事
 静岡県交通基盤部が発注する設計金額30,000千円以上の国土交通省所管国庫補助事業及び県単独事業の工事に適用する。(災害復旧工事、建築工事、建築設備工事及び建設産業の担い手確保・育成入札試行要領で規定されている「女性技術者登用型」は除く)


    提供日 2017年3月22日
    担 当 交通基盤部 建設支援局技術管理課
    連絡先 積算班 TEL 054-221-2148

前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ