• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 文藝春秋6月臨時増刊号「がん治療の教科書」への県立静岡がんセンター関連記事の掲載

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成28年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 知事記者会見 )

文藝春秋6月臨時増刊号「がん治療の教科書」への県立静岡がんセンター関連記事の掲載



1 文藝春秋 臨時増刊号「がん治療の教科書」への掲載

  雑誌「文藝春秋」、「週刊文春」、「文藝春秋スペシャル」において2012年から2016年に掲載された「がん治療」に関する掲載記事をまとめ、臨時増刊号「がん治療の教科書」として発刊され、県立静岡がんセンターの関連記事が掲載されています。

「がん治療の教科書」の構成
 序  章 がん医療の現在地
 第一章 がんの最新治療
 第二章 医師がすすめるがん治療
 第三章 がん専門病院の治療
 第四章 がん治療を疑え
 終  章 患者の選択

2 県立静岡がんセンターの掲載記事
(1) 第三章 がん専門病院の治療 
 ・最高のがん病院大研究 がん研有明病院・静岡がんセンター・聖隷三方原病院

     がん治療において、名医による「神の手」の時代は終わり、各分野の専門家がスクラムを組んで治療にあたる「チーム医療」が重要視されています。チーム医療に取り組み、成果を挙げている3つの病院の一つとして静岡がんセンターを紹介。
      【静岡がんセンターに関する紹介事例】
        ・多職種チーム医療における口腔ケア
        ・がんよろず相談  

(2) 第二章 医師がすすめるがん医療
・大腸がん・乳がん篇
  乳がんの名医たちが受けたい治療として、静岡がんセンター乳腺センター長 高橋かおる医師の意見を紹介。
    ・肺がん・肝胆膵がん篇
    肝胆膵がんの名医たちが受けたい治療として、静岡がんセンター副院長兼肝・胆・膵外科部長 上坂克彦医師の意見を紹介。

(3) 第四章 がん治療を疑え
    「手術をすべきか否か」の項において、静岡がんセンター副院長兼肝・胆・膵外科部長 上坂克彦医師の意見を紹介。  

(4) 終章 患者の選択
  ・がん患者と家族が読むべき10冊
    医療ジャーナリストが、がん患者とそれを支える家族が読むべき10冊を厳選して紹介。

   【紹介された静岡がんセンター関連図書】
「抗がん剤・放射線治療と食事のくふう」 平成19年11月初版

      (監修・著:山口建(静岡県立静岡がんセンター 総長)/編著:静岡県立静岡がんセンター、日本大学短期大学部 食物栄養学科/発行所:女子栄養大学出版部)
    抗がん剤・放射線治療に伴う吐き気、口内炎などの症状別に食べられる食事を紹介。


会見日 2016年6月14日
担 当 がんセンター局 県立静岡がんセンター
連絡先 がんセンター局県庁駐在 TEL 054-221-2983

前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ