• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 静岡県と九州を結ぶRORO船定期航路の利用者説明会を開催します(県外会場分)

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成28年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 資料提供 )

静岡県と九州を結ぶRORO船定期航路の利用者説明会を開催します(県外会場分)



静岡県と九州を結ぶRORO船定期航路の利用者説明会を
県内3会場に続き、県外5会場にて開催します!!


 静岡県は、経済的で環境に優しい輸送手段である「RORO(ローロー)船※1」定期航路の利用を促進するため、「モーダルシフト※2」の基本的な考え方やRORO船の概要、具体的な運航情報等について、荷主企業や物流関係事業者に向けて情報提供する説明会を、県内3会場(9月2日から9日)に続き、各県や国土交通省等の関係機関と連携して県外5会場にて開催します。

1 日時・場所
開催日
開催時刻
地域
会場
10/11(火)
14:30〜16:00
埼玉県
新都心ビジネス交流プラザ
4階 A会議室
10/17(月)
14:30〜16:00
愛知県
愛知県産業労働センター(ウインクあいち)
1207会議室
10/19(水)
15:30〜17:00
大分県
大分県庁
新館 14階大会議室
10/20(木)
10:00〜11:30
福岡県
福岡県小倉総合庁舎
4階 大会議室
10/28(金)
14:00〜15:30
長野県
テクノプラザおかや
3階 人材育成研修室
2 内容(主催:静岡県)
    ・各港湾の概要(御前崎港、清水港、苅田港、大分港)
    ・モーダルシフトの推進について(国土交通省)
      ・モーダルシフトの基本的な考え方
      ・国土交通省による助成事業について
    ・RORO船定期航路の提供サービスについて(船会社)
      ・商船三井フェリー(株)御前崎港−福岡(苅田港)−大分−東京(4便/週)
      ・川崎近海汽船(株)清水港−大分(3便/週:10/3から新規開設)
3 参加者募集
  募集人数:各会場定員 40名程度(事前申し込み先着順)
  申 込 先:静岡県港湾局(静岡県HPから申込書がダウンロードできます)
  締め切り:9月30日(金)
※1 RORO(ローロー船):「ロール・オン・ロール・オフ船」の略で、船体と岸壁を結ぶ出入路を備えた「貨物専用フェリー」のこと。貨物を積載したトラックやトレーラーがそのまま船内外へ自走できるため、港から港へトラックやシャーシのままで貨物を運ぶことが可能。荷役時間の短縮が見込まれるほか、モーダルシフトの担い手として、温室効果ガスの排出抑制や交通渋滞の緩和、トラックドライバーの労働環境の改善等の効果が期待されています。

※2 モーダルシフト:トラックによる貨物輸送を、環境への負荷が軽くかつ大量輸送が可能な海運または鉄道に転換すること


提供日 2016年9月7日
担 当 交通基盤部 港湾局港湾企画課
連絡先 港湾経営推進班 TEL 054-221-3779

前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ