• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 3月15日開催「ふじのくに健康寿命日本一推進フェア」について

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成27年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 知事記者会見 )

3月15日開催「ふじのくに健康寿命日本一推進フェア」について



    1 要旨
    静岡県は全国トップクラスの健康長寿県であり、年齢を重ねても元気な方が多いことから女性の健康寿命相当である76歳までを、社会で元気に活躍する世代「壮年」とする新たな年齢区分「ふじのくに型人生区分」を提唱している。
    この人生区分を通じ、超高齢社会に対する前向きな意識を醸成するとともに、健康長寿の3要素(運動、食生活、社会参加)の実践を促進し、県民の健康寿命の延伸につなげるため、「ふじのくに健康寿命日本一推進フェア」を開催する。

    2 概要

      どなたでも、入場無料、事前予約不要で、健康長寿に関する講演や健康状況の測定に加え、運動体験、健康長寿レシピの試食、人との交流などが楽しめるイベント。

     ○開催日:平成28年3月15日(火)10:00〜16:00

     ○会 場:エコパアリーナ(袋井市愛野)

     ○対 象:県民(特に壮年熟期66〜76歳の方

     ○主 催:ふじのくに健康寿命日本一推進県民会議
          (事務局:静岡県、公益財団法人しずおか健康長寿財団)

     ○協 力:シニアクラブ静岡県、シニアクラブ浜松市、シニアクラブ磐田市、
          袋井市、株式会社杏林堂薬局、協会けんぽ静岡支部、JA静岡経済連

     ○内 容:
    項目
    内容
    ステ|ジ
    講演
    ○健康長寿のコツ
    ○認知症にならない老後のために
    活動発表
    ○レクダンス
    ○くれば座寸劇「天使に好かれた男」 他
    フロア
    測定
    ○健康状況の測定(体組成、血管年齢、骨密度等)
    3要素の体験
    運動
    ○おうちでできるストレッチ、筋トレの体験(ロコモ等の予防)
    ○ニュースポーツの体験(ユニカール、シャフルボード等)
    食生活
    ○健康長寿を支えるレシピカード配布、試食
    (抗酸化力、腸内環境を整える等20種)
    社会参加
    ○地域の高齢者の集う場「居場所」を再現
    ・カレーの日 ・認知症予防ゲーム ・福祉カルタの紹介
    ブース出展
    ○3要素に関する企業・団体のブース出展
    ○ふじのくに型人生区分の紹介


    会見日 2016年2月24日
    担 当 健康福祉部 福祉長寿局長寿政策課
    連絡先 計画班 TEL 054-221-2975

前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ