• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 第3次静岡県循環型社会形成計画を策定しました。

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成27年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 資料提供 )

第3次静岡県循環型社会形成計画を策定しました。



第3次静岡県循環型社会形成計画を策定しました!

 静岡県では、循環型社会の形成に向けて、県民、事業者、行政の主体的行動を促進するための実践行動計画として、5年に一度「静岡県循環型社会形成計画」を策定しています。
 この度、第2次計画が平成27年度をもって終了となるため、第2次計画の進捗状況を分析しつつ、平成28年度を開始年度とする「第3次静岡県循環型社会形成計画」を策定しました。今後は本計画に基づき、持続可能な循環型社会の形成を推し進めます。


1 計画の位置付け 
 (1)循環基本法に基づく循環型社会の形成に関する計画
 (2)廃棄物処理法に基づく廃棄物処理計画

2 計画期間     
 平成28年度から平成32年度まで

3 キャッチフレーズ 
  あーす(明日・Earth)のために“もったいない!!”衣・食・住でごみ削減

4 基本目標     
 県民総参加による循環型社会の形成
〜付加価値化upcycleを目指して〜
  ※upcycle(アップサイクル):本計画では、環境と経済が好循環する持続可能な循環型社会を形成するというイメージをupcycle(アップサイクル)という言葉で表現しています。

5 施策の展開   
 <基本方針1> 循環資源の3Rの推進
 <基本方針2> 廃棄物の適正処理の推進
 <基本方針3> 循環型社会を担う基盤づくり

6 数値目標
区分
目標指標
平成25年度
(実績)
平成32年度
(参考)
平成32年度
国目標
一般廃棄物
1人1日当たり排出量(g/人日)
*外国人を含む
917
815
890
最終処分率(%)
(最終処分量/排出量)
6.3
4.2
10.1
産業廃棄物
1.8
1.8
3.3
       印:比較用の試算      

7 計画の特徴
 (1)数値目標を「量的視点」から「質的視点」へ転換
     ・目標指標を「最終処分量」から「最終処分率」に転換しました。
     ・目標数値は国及び全国と比べても非常に高いレベルになっています。
 (2)身近な衣・食・住の場面に分けて、2Rを推進
     ・今を生きる私たちは、持続的発展ができる社会を、明日に、また次世代につなげていくために、資源と環境を取り巻く課題に取り組む必要があります。
     ・そこで本計画のキャッチフレーズを『あーす(明日・Earth)のために“もったいない!!”衣・食・住でごみ削減』とし、3Rの中でも優先順位の高い2R(Reduce 発生抑制、Reuse 再使用)への県民総参加での取組を推進します。
 (3)新たな課題や広域的課題に対応
     ・新たな課題等に対して、一般廃棄物・産業廃棄物の区分にとらわれず、県が調整・助言を行います。

        <参考> 静岡県循環型社会形成計画の位置づけ

       


      提供日 2016年3月29日
      担 当 くらし・環境部 環境局廃棄物リサイクル課
      連絡先 資源循環班 TEL 054-221-2426

      前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ