• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 平成28年度公共工事等の入札・契約制度の改善

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成27年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 資料提供 )

平成28年度公共工事等の入札・契約制度の改善



平成28年度公共工事等の入札・契約制度の改善


 静岡県請負契約制度検討委員会(委員長:難波副知事)において、平成28年度公共工事等の入札・契約制度に係る改善事項の検討を行い、以下の改善を行うことを決定した。

1 建設産業の担い手確保・育成を図るための改善

項    目
内    容
工事着手日選択型工事の試行受注者が工事着手日を選択することを可能とし、技術者配置の柔軟性を高めることにより、受注機会の拡大を図る工事を試行
担い手確保・育成入札の拡大○若手技術者育成型
・試行件数の拡大
○休日確保型
    ・発注対象業者の拡大
・試行件数の拡大

2 入札契約適正化法の基本原則に基づく改善

区 分
項    目
内    容
透明性の確保
入札参加停止等措置
要綱等の改正
苦情処理に係る手続を追加
公正な競争の
促進
社会保険等未加入業者を下請契約から排除県発注工事の元請業者に対し、社会保険等未加入業者との下請契約締結を禁止(一次下請は罰則を規定、二次以降の下請は指導)
ダンピング
受注の防止
総合評価落札方式
(建設関連業務)の拡大
原則として総合評価落札方式により入札を行う業務を予定価格2,000万円以上から1,000万円以上に拡大
適正な施工の
確保
復旧・復興建設工事
共同企業体取扱要領の策定
大規模災害時に備え、県内建設業者と県外建設業者による共同企業体入札参加資格者名簿を事前に作成

    <参考>静岡県請負契約制度検討委員会
     公共工事に関する入札制度の運用の在り方等についての調査・検討を行うために昭和57年1月に発足した委員会(委員長を副知事とし、経営管理部長、くらし・環境部長、交通基盤部長、出納局長、企業局長を委員とする。)


    提供日 2016年3月17日
    担 当 交通基盤部 建設支援局建設業課
    連絡先 鈴木 TEL 054-221-3059

    前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ

    お問い合わせ

    静岡県知事戦略局広聴広報課

    静岡市葵区追手町9-6

    電話番号:054-221-2265

    ファックス番号:054-254-4032

    メール:PR@pref.shizuoka.lg.jp