• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 「2015年ミラノ国際博覧会」日本館旗の知事への引渡し

ここから本文です。

記者提供資料
( 平成26年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 資料提供 )

「2015年ミラノ国際博覧会」日本館旗の知事への引渡し



ミラノ国際博覧会日本館のPRと、日本館旗の知事への引渡しを行うため、農林水産省幹部が知事を表敬訪問します。

1 日 時 平成27年4月6日(月)11:00〜11:20

2 場 所 知事室

3 訪問者 農林水産省大臣官房審議官 長谷部 正道(はせべ まさみち)

4 その他
・当日は、本県の公募の呼びかけに応じ、参加を計画している4市1団体(静岡市、浜松市、藤枝市、袋井市、島田茶業協同組合)も同席予定です。
・本県と合同で参加する山梨県への日本館旗引渡しは農林水産省が別途調整します。
・日本館旗は「日本館シンボルマーク」を図案として作成しました。
・シンボルマークはミラノ万博日本館ホームページを参照http://www.expo2015.jp/about/symbolmark/

5 参 考
(1)本県の取組
・静岡県は山梨県と合同で平成27年8月23日から8月27日(5日間)まで、日本館イベント広場へ参加します。
・イベント広場では、世界文化遺産の富士山と本県の豊かな食材や食文化を映像で紹介するとともに、食の都仕事人による料理パフォーマンスや、お茶の試飲や効能セミナーなどを企画しています。

(2)ミラノ国際博覧会の概要
<開催期間>平成27年5月1日から10月31日(184日間)
<テーマ>地球に食料を、生命にエネルギーを
<参加国等>148ヵ国・地域・国際機関(平成27年3月現在)
<想定入場者数>約2,000万人

(3)日本館の概要
<テーマ>Harmonious Diversity−共存する多様性−
<メインメッセージ>日本の農林水産業や食を取り巻く様々な取り組み、「日本食」や「日本食文化」に詰め込まれた様々な知恵や技が、人類共通の課題解決に貢献するとともに多様で持続可能な未来の共生社会を切り拓く。
<幹事省>農林水産省、経済産業省
<敷地面積>約4,170平方メートル

(4)日本館イベント広場の概要
<内容>自治体や団体等による日本の食・食文化等に関連したワークショップやパフォーマンス、映像放映、実物・パネルによる展示等
<場所>日本館2階、広さ約117平方メートル、うち、イベントステージ約40平方メートル、観覧エリア約51平方メートル(約100人収容)ほか
<参加団体>27組35自治体・20団体・3官公庁(平成27年3月19日現在)


提供日 2015年3月30日
担 当 経済産業部 管理局政策監
連絡先 企画班 TEL 054-221-2605

前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ