• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 令和3年社会生活基本調査 調査票の紛失

ここから本文です。

記者提供資料
( 令和3年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 資料提供 )

令和3年社会生活基本調査 調査票の紛失



1 要旨


    10月18日(月)、統計調査員が社会生活基本調査の調査世帯から提出された回答記入済みの調査票2部(1世帯分)を紛失した。
※ 統計調査員は、県知事が任命する非常勤公務員

2 概要

(1)紛失した調査票  令和3年社会生活基本調査 調査票 2部(1世帯分)

(2)紛失場所  静岡市内

 (3)経緯
10月18日 

・統計調査員が調査世帯2世帯を訪問し、調査票を受け取った後、車で自宅に 戻り、調査票を確認したところ、そのうち1世帯分しかなかった。

・車の中や自宅周辺、調査世帯周辺を捜索したが調査票は見当たらなかった。

10月19日 ・統計調査員が朝もう一度調査世帯の周辺を捜索したが、発見できず県に紛失 した旨を連絡した。

・警察に遺失届を提出後、統計調査課職員が統計調査員に同行し、昨日統計調 査員が行動した同じコースをたどり捜索した。

・職員及び統計調査員で調査票を紛失した調査世帯を訪問し、謝罪するととも に状況を説明した。

10月20日 ・職員及び統計調査員で調査世帯を再度訪問し、謝罪するとともに状況を説明 した。また、調査票の再提出を依頼して了解を得た。

3 再発防止策


    (1)調査員に対して、調査活動を行う際には調査書類を調査用手提げ袋に確実に収納して持ち運ぶよう再度周知する。

      また、自宅においても、提出まで厳重に管理することを再度周知する。

    (2)今後の調査員説明会や研修会において、調査書類の管理について十分注意するよう改めて周知徹底する。



    (参考)社会生活基本調査

      ・生活時間の配分や余暇時間における主な活動の状況など、国民の社会生活の実態を明らかにするための基礎資料を得るための調査(5年ごと実施され令和3年は10回目)
    ・調査対象は、抽出された世帯(静岡県は約1,900世帯)の10歳以上の世帯員

■ 添付資料

令和3年社会生活基本調査 調査票の紛失:

令和3年社会生活基本調査 調査票の紛失

( 93.5 KB )


提供日 2021年10月21日
担 当 知事直轄組織 デジタル戦略局統計調査課
連絡先 消費班 TEL 054-221-2236

前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ