• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 榛南水道と大井川広域水道との経営統合を行います(令和11年度目標)。

ここから本文です。

記者提供資料
( 令和4年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 資料提供 )

榛南水道と大井川広域水道との経営統合を行います(令和11年度目標)。



静岡県企業局、静岡県大井川広域水道企業団、御前崎市及び牧之原市は、榛南水道用水供給事業と大井川広域水道用水供給事業の統合に係る実施協定令和4年9月16日に締結しました。令和11年4月の統合目標に向け動きを加速していきます。

1 統合趣旨及び背景
榛南水道用水供給事業(企業局)と大井川広域水道用水供給事業(企業団)は、受水市に水を供給する、いわゆる卸事業を運営してきました
・両事業は、今後、高度成長期に整備した施設を、多額の費用をかけて更新することになります
・また、今後の人口減少や節水技術の向上による水需要の減少に備え、安心安全な水を、安定的に供給するため、経営基盤を強化する必要があります
・このような状況を背景として、事業統合の機運が高まり、令和4年3月に基本協定を締結しました

日程
供給開始
受水市
榛南水道事業昭和44年2市(御前崎市、牧之原市)
大井川広域水道事業昭和63年7市(島田市、焼津市、掛川市、藤枝市、御前崎市、菊川市、牧之原市)

2 基本協定及び実施協定の概要
項目
内容
統合目的経営の合理化と業務の効率化により、将来にわたり水道水を安定的に受水できるようにすること
統合方法大井川広域水道の施設から榛南水道の施設に送水管を接続、榛南水道は廃止
統合目標時期令和11年4月
施設の整備新たに必要となる施設は、企業団が整備を行い、その費用は御前崎市と牧之原市が負担(工事は企業局が受託により支援)
施設の譲渡統合後も使用する施設は、企業局が企業団に譲渡
施設の廃止統合後使用しない施設は、企業局が撤去等の廃止措置

3 スケジュール
日程
内容
令和4年3月25日基本協定締結
令和4年9月16日実施協定締結
令和4年度〜10年度基本設計、実施設計、両水道接続工事
令和11年4月両水道統合(給水切換)
令和11年度〜旧榛南水道施設撤去工事

■ 添付資料

榛南水道と大井川広域水道との経営統合を行います(令和11年度目標)。:

榛南水道と大井川広域水道との経営統合を行います(令和11年度目標)。

( 319KB )


提供日 2022年9月22日
担 当 企業局 経営課
連絡先 経営課長 TEL 054-221-2161

前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ