• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 記者提供資料 > 【訂正】地域企業の研究開発や事業化のための補助金の募集を開始します!

ここから本文です。

記者提供資料
( 令和5年度 )


前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ


( 資料提供 )

【訂正】地域企業の研究開発や事業化のための補助金の募集を開始します!



地域企業の研究開発や事業化のための補助金の募集を開始します!


 県では、将来にわたって本県経済を牽引していくリーディング産業を育成するため、企業の研究開発 ・ 事業化の取組を支援しています。
 このたび、4月3日から、補助金の第一弾の公募を開始しましたので、積極的な御利用をお願いします。
 ※今年度は新成長産業戦略的育成事業に「プロジェクト(PJ)間連携型」を新設し、異なるプロジェクトの技術等を活用した新たな研究開発を行う取組を重点的に支援します。

1 事業内容
補助
メニュー
補助対象
補助
上限額
補助率
募集期間
フォトン光・電子技術を活用した製品、製品化に向けた試作品及び基幹部品の製作又は市場導入に向けて実施する評価・試験、改良を行う取組200万円1/24/3(月)〜
5/31(水)17時
医薬品・医療機器1:医薬品・医療機器産業に資するデジタル化や遠隔・非接触技術等の新規研究開発及び事業化の取組2,000万円
ほか
2/34/3(月)〜
4/28(金)正午
2:医療分野での研究開発成果の早期実用化及び介護機器・福祉用具等の製品開発の取組2年合計750万円ほか1/2(特別枠2/3)4/3(月)〜
5/19(金)正午
ChaOI
プロジェク
ChaOIフォーラム会員による静岡茶の需要創出に向けた新商品開発や販路拡大、複合作物の導入の取組150万円〜
1,000万円
研究開発
2/3、事業
化1/2
4/3(月)〜
5/12(金)17時
先端企業
育成プロ
ジェクト
国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)と行う共同開発や事業化の取組3年合計
9,000万円
ほか
原則、研究
開発2/3、
事業化1/2
4/3(月)〜
5/12(金)17時
新成長産
業戦略的
育成事業
成長分野等の産業応用の可能性を有する新技術・新製品等の実用化を目的とした研究開発や事業化等の取組2年合計
2,250万円
(事業化一般型)
3,000万円(PJ間連携型)ほか
研究開発
2/3、事業
化・試作品開発1/2
4/3(月)〜
5/10(水)正午
 
※フーズ・ヘルスケア、MaOIは4月上旬、AOIは6月に公募します。(一行削除しました。4月5日14時45分訂正)
2 問い合わせ先
補助メニュー問い合わせ先電話番号・メールアドレス
フォトン(公財)浜松地域イノベーション推進機構フォトンバレーセンター053-471-2111
photonvc@hai.or.jp
医薬品・医療
機器
1:(公財)静岡県産業振興財団 054-254-4512
sangyou@ric-shizuoka.or.jp
2:(公財)ふじのくに医療城下町推進機構055-980-6333
jigyo@fuji-pvc.jp
(公財)静岡県産業振興財団054-254-4512
sangyou@ric-shizuoka.or.jp
新成長産業戦略的育成事業
ChaOIプロジェクト静岡県お茶振興課054-221-2674
ocha-shinko@pref.shizuoka.lg.jp
先端企業育成プロジェクト静岡県新産業集積課054-221-3622
trc@pref.shizuoka.lg.jp

3 利用者の声
株式会社カツマタ
(令和4年度 医療機器産業基盤強化(初期投資助成) 採択)
Q. 補助制度を知ったきっかけは?
A. 製品開発に向けて補助金・助成金制度がないか地元金融機関に相談したところ、
  今回の助成金制度を紹介いただきました。
Q. 補助制度を利用して良かったことは?
A. 製品の研究開発資金を抑えることが出来るだけではなく、申請に向けて、プレゼン
  テーションやスケジュールを意識して取り組むことになるため、開発商品についての
  情報を客観的に分析し、研究開発内容をより深く検討することができました。
   また、採択後も、研究開発の期限を間に合わせるための計画策定やスケジュール
  管理に緊張感を持って取り組めました。

代表取締役 勝又 康充さん

株式会社ポリシス
(令和4年度 新成長産業戦略的育成事業費助成(中小企業) 採択)
Q. 補助制度を知ったきっかけは?
A. 「静岡県新技術・新工法展示商談会inTOYOTA」で展示した自社での開発品につ
  いて、実用化に向けてより高性能化を目指したいと静岡県産業振興財団 技術コーディ
  ネーターに相談したところ、この補助制度を教えて頂きました。
Q. 補助制度を利用して良かったことは?
A. 初期投資として、なかなか手が出ない最先端技術 も積極的に取り入れることができた
  ため、様々な視点から評価を行うことができました。 その結果、当初の目的以外の大き
  な成果が得られました。

代表取締役 毛利 隆人さん

■ 添付資料

地域企業の研究開発や事業化のための補助金の募集を開始します!:

地域企業の研究開発や事業化のための補助金の募集を開始します!

( 137KB )


提供日 2023年4月5日
担 当 経済産業部 産業革新局新産業集積課
連絡先 技術振興班 TEL 054-221-3587

前頁へ 次頁へ 発表日別一覧へ 公表形態別一覧へ 部局別一覧へ