• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 静岡県議会 > 委員会会議録 > 質問文書

ここから本文です。

委員会会議録

質問文書

開催別議員別委員会別検索用


令和元年9月定例会建設委員会 質疑・質問
質疑・質問者:廣田 直美 議員
質疑・質問日:10/02/2019
会派名:ふじのくに県民クラブ


○廣田委員
 一問一答方式でお願いいたします。
 昨日7番委員が質問しましたが、追加で上程されました議案第151号についてお伺いしていきたいと思います。
 まず、当初予算で収用委員会運営事業費1561万6000円が計上されましたが、どのように算定されたのか教えてください。

○松浦審理調整課長
 収用委員会運営事業費の当初予算につきまして御説明します。
 収用委員会では、一たび申請を受理いたしますと土地収用法に則して手続を進める必要がありますことから、当初予算では例年の支出の実績や裁決申請するための前提として必要となる事業認定の状況などを踏まえまして、次年度に裁決申請の可能性がある案件に対応するための不動産鑑定費用、あるいは審理などに要する経費を見込んで計上しているところです。

○廣田委員
 そうしますと、今回の9月補正予算で計上されました沼津駅周辺総合整備事業における新貨物ターミナル整備予定地用地取得の裁決申請に伴う調査審議は見込んでいなかったと私は理解しましたが、その理由を教えてください。

○松浦審理調整課長
 新貨物ターミナル整備事業につきましては、起業者である静岡県と沼津市が任意契約の締結を第一に考えて交渉を継続していると承知しておりまして、また土地収用の裁決申請についての表明もなかったことから、当初予算では裁決に必要な経費について計上を見送って推移を注視してきたところです。その後去る9月18日に裁決申請が行われましたため、このたびの補正で追加計上したものです。

○廣田委員
 時期を捉えて判断されて予算計上されたと理解はしました。
 この裁決申請に伴いましていろいろな報道がある中で、本日の中日新聞において強制収用申請書類あすから縦覧実施と掲載されております。その中で非常に気になる文面があり、申請から決定まで7カ月ほどかかる見通しと掲載されておりますが、この記事をどのように捉えているのかお考えを教えてください。

○松浦審理調整課長
 今回の新貨物ターミナルに係る裁決申請につきまして、これまで申請から裁決まで7カ月程度かかるといった報道がたびたびなされ、ひとり歩きしている状態であります。実際には報道機関からの問い合わせに対しまして収用委員会事務局では、本県の過去10年の実績では6カ月から11カ月を要しており、平均すると7カ月程度であるとの説明を行ってきたところ、申請から裁決まで7カ月程度であると、いかにもその期間が定まっているかのように報道されてしまっているのが実情であります。

○廣田委員
 この沼津駅の新貨物ターミナル整備事業予定地の用地取得に係る裁決までの期間は、実際にはどのくらいになると想定されているのかお考えを教えてください。

○松浦審理調整課長
 申請から裁決までの期間につきましては、土地の件数やその土地の上にある物件の有無、それから土地所有者など権利者の数などが事件ごとに異なりまして、また裁決に向けましては審理における権利者からの意見聴取が十分に行われる必要がありますことから、そのために必要な審理をどの程度開催する必要があるのかにより裁決までに要する期間が変動するところであります。

○廣田委員
 デリケートな案件ですので、具体的な期間ははっきり答弁しづらいのかなと思いますけれども、今回権利者が複数おりますことから、関係者や地域住民が混乱させられる報道がなされないように情報提供していただければと思いますので、よろしくお願いいたします。

お問い合わせ

静岡県議会事務局政策調査課

静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2558

ファックス番号:054-221-3572

メール:gikai@pref.shizuoka.jp