• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 静岡県議会 > 委員会会議録 > 質問文書

ここから本文です。

委員会会議録

質問文書

開催別議員別委員会別検索用


令和元年決算特別委員会産業分科会 質疑・質問
質疑・質問者:佐野 愛子 議員
質疑・質問日:10/29/2019
会派名:ふじのくに県民クラブ


○佐野委員
 一問一答方式でお願いします。
 ほとんど皆さんが質問してくださったので大枠的なことを聞きます。9月定例会でも質問しましたが工業用水道事業では固定資産の売却によって3億1800万円程度の利益というか赤字の解消がされました。
 所有土地の資産価値は、現在工業用水道事業では40億円程度、水道事業では38億円程度あるようですが、その中でファシリティマネジメントにより売却できる土地がどれぐらいあるのか、差しさわりなければ大枠でいいので教えていただければと思います。

○横地経営課長
 所有土地のうち、処分できる土地についてお答えいたします。
 何をもって処分できるかは時々の状況により変わってくるかと思いますけれども、現在は西遠工業用水の初生浄水場について一部売却できる見込みがあるため事務を進めております。
 そのほか、主に職員が住む公舎の用地について利用者がいなくなったことから売却を検討していますが、台風や災害時に職員が詰める必要が生ずる可能性もあるため、総合的に検討しながら公舎用地の売却を進めてまいりたいと思います。

○佐野委員
 企業局は1つの独立した部局で、本庁とは違う1つの会社というか企業であるわけですよね。ファシリティマネジメントの見直しと効率化、そして必要なときには対応できる体制をとっていただくように要望して質問を終わります。

お問い合わせ

静岡県議会事務局政策調査課

静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2558

ファックス番号:054-221-3572

メール:gikai@pref.shizuoka.jp