• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 静岡県議会 > 委員会会議録 > 質問文書

ここから本文です。

委員会会議録

質問文書

開催別議員別委員会別検索用


令和元年10月多文化共生推進特別委員会 質疑・質問
質疑・質問者:山田 誠 議員
質疑・質問日:10/24/2019
会派名:自民改革会議


○山田委員
 私から1点だけ伺いたいと思います。
 高校受験のチャンスを広げるという中で、高校へ進学しても、高校での支援がない、それで結果的に挫折してしまって、退学をしてしまうという、そこに対しての支援は、どういう形が一番重要だと考えられますか。

○山下泰孝氏
 ふじのくに中央日本語学校で働いている先生のところに、今、榛原高校から支援をという話がきまして、県もそういうことに力を入れ始めているということはお聞きしたんですけれども、教科の学習用語ですね。教科がわからないのは学習用語がわかるようになれば、まず高校の勉強についていけると思うんですね。中学校以上に、高校の内容はレベルが高いですから。
 日本語も、高校まで行ける子であれば、日本語はどんどん自分で、友達との会話で覚えていくと思うんですね。やっぱりそういう意味では、教科指導が大きいのではないかなと思います。

お問い合わせ

静岡県議会事務局政策調査課

静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2558

ファックス番号:054-221-3572

メール:gikai@pref.shizuoka.jp